2018~2022年度 文部科学省 科学研究費助成事業
新学術領域研究(研究領域提案型)

Hydrogenomics

Twittericon

ニュース

2020/12/25
受賞・報道

北野政明(公募研究A02)、飯村壮史(公募研究A01)の連携研究成果がプレスリリースされました。

北野政明(公募研究A02)、飯村壮史(公募研究A01)の連携研究成果がプレスリリースされました。

低温で高効率なアンモニア合成を実現 -ヒドリドイオン伝導体を用い反応温度を100℃下げることに成功-
論文タイトル:「Ruthenium Catalysts Promoted by Lanthanide Oxyhydrides with High Hydride-Ion Mobility for Low-Temperature Ammonia Synthesis」

Kayato Ooya, Jiang Li, Keiga Fukui, Soshi Iimura, Takuya Nakao, Kiya Ogasawara, Masato Sasase, Masaaki Kitano, Hitoshi Abe, Yasuhiro Niwa, and Hideo Hosono, Advanced Energy Materials, DOI: 10.1002/aenm.202003723

本研究成果は以下の機関よりプレスリリースされました。
東京工業大学

【マネージメントサポート担当】

梁川(東北大学・折茂研究室)
Tel:022-215-2093
Email:secretary@hydrogenomics.jp

【アウトリーチ担当】

伊東(東京工業大学・一杉研究室)
Tel:03-5734-2636
Email:outreach@hydrogenomics.jp
Hydrogenomics